LINK
商店で全てのクレカが決済可能なのでもありません。◆クレジットカードの加入店舗は多くは、多くのクレジットカードに加盟していますが、不便ですが契約店であらゆる所有カードが使用できるわけでもありません。例をあげれば昔からある加盟店の場合にはJCBロゴの入っているそのクレカしか決済不可な場合もありますし、近頃の加盟店だったりするとVISAとマスターの印の入っているカードだけしか決済できない場面もあります。ディスカバーカードなどのカードの場合増して使用不可なお店が増えるでしょう。どのロゴの所有クレジットカードが切れるかをいかに見分けたらいいか?「それならどのような方法で何のクレジットカードが使えるかを見たらいいの?」といってみても、ちゃんと判断するのには該当店舗の人に確認してみる以外ないというのが残念だけど正解。とはいっても大部分の商店やショッピングモールには店舗前の分かりやすい場所に切れるクレジットカードの案内がプリントされた認証マークが掲載されているため、「そうなんだ、そこのレストランではVISAカードが決済可能なんだ」というのが迷わないようにされているので確認していただけると思います。とはいうものの、しっかりと契約管理が行き届いていない加入店舗で決済する場合には、シールが掲載されているショップでも「今はご使用のクレカは使えません」といった対応を受ける状況もあるわけで、頭が真っ白になってしまう状況に出くわしかねません。できる限りは全ての店舗でクレカが使用できるようにするために、異種のブランド(国外ブランド)がプリントされた一般的なVISAカード、MasterCard、ダイナーズアメックス、等のクレジットカードを2枚以上携帯するようにしたほうがいいでしょう(例えば:ライフカードを契約しているならもう一方はアメリカンエキスプレスカード付属のカードを携帯するようにするといった方法)。特に海外に出ないなら、VISA、MasterCard、JCBの3つの印が入っているクレカを常時携帯しておけば間違いなくほとんどの加盟店でどれかしらのクレジットカードを切る機会があります。クレカを使って効率的にマイル取得を目指すならば、早いうちに万能に対応できるクレカを使えるようにしておいて損はないと思います。