LINK
クレカを店において利用する時、一度は体験したことがおありかと思いますが、レジの人がわかっていないためどちらのレシートを利用者の方に渡すべきか迷うときがある。というのも、クレジットを決済すると専用端末から3枚の使用明細が出されるためであり、それらのうちどのレシートをカード利用者の方に渡してよいものかどうか迷うというものだ。複数の使用レシートについて・・・上述の3枚1組の紙の説明とは何かということの概要は、下の通り。1お客様へ渡さなければいけない使用レシート。2お店の控え利用明細。3カード会社控え用の明細レシート(署名を書く紙)。本来であれば客に渡すべきレシートの方を受領するのだがたまに、別の明細レシートを客のもとへミスして渡してしまったという場合の他、サインをした方の利用明細自体を渡してしまったなんていうパターンさえも存在します。このパターンはアルバイトの人であったり、普段カードが使われることのない店舗などの会計でクレカを使うとスタッフの焦りが見れると思います。仮に店員が上述のように明細を渡した時には怒りを抑えて「これじゃありませんよ」などと教育してあげて欲しいです。