LINK
所持しているカードを見返すといってもどのカードを見返すべきで、どの種類のカードは使いているほうが利益があるのかなんて尺度はなかなか認識しにくいといったように感じます。そういう事なのでこの話ではクレジットカードを再検討する規準に関わることを何個か話してみたいと思っています。解除する方がよいかもしくは活用し続けておくべきであるかという選択で思い悩んでいるクレジットが手持ちにある時にはなんとしても、モデルにしてはと考えています(基本的には悩むようであるならば契約解除してしまっても大丈夫だと思われます)。前数ヶ月一切そのクレジットカードを使わなかった場合■この場合は完全にダメですね。過去数年以上の期間でそのクレカを全然活用してはいなった状態なのであれば、この先何年間に関して考えてもまた持っているクレジットカードを実用しない確率は高じると言えるのです。クレカを買い物をする事役目、一時的にお金を借りる役割だけでなく、会員証としての役割や電子マネーの機能としての運用もさっぱりなくなるのなら今すぐ返却してしまったのが無難です。けれども持っているカードを契約破棄すると全くクレジットカードを所持していないシチュエーションになるかもしれないというような状態になってしまうならそのままでも大丈夫でしょう。カードのポイントの体制が見直しになってしまった場合■クレジットのポイントの仕組みが転換された後で、長所のないカードになりさがってしまった事例もやはり再検討しなければなりません。やはりクレジットカードポイントが得にくいカードよりもポイントが貯まりやすいクレジットにチェンジした方が生活費の減額に影響するという理由があるからです。クレジットポイントの体制の調整が行われやすい例年5月から6月が来たら決まった月にクレジットカードの再検討をする方がベターでしょう。似たような役割をもつクレジットが2つ以上あった例:ある例で言うと電子マネーのiD、PASMO、Smart Plus、だったりSuica(スイカ)、nanacoなどという特色がついていたクレカを多数持っている状態、マイルやポンタが欲しくて活用しているクレジット等々、同様な特徴を付加しているカードをいっぱい使用している場合にはどれかを再検討するというほうがよりよいでしょう。もとはこの上なく簡単でたくさん手元に置く意味が元からないという理由からです。クレジットカードをたくさん所持する事をオススメしていますが、あくまでも能率的にやりくりして削減をしたいためなのであり必要ないのに同類の特徴を有したクレカを複数持つというやり方を勧めてきたというわけではありませんからやめて下さるようお願いします。