LINK
クレジットカードを店頭にて決済する時誰でも思ったことがおありかと察しますがレジのスタッフがわからないためどちらの明細を客に対して渡せば良いのか迷う時がおありかと思います。というのも、クレカを使うと専用端末より3枚の利用レシートというものが出てくるからでして、このレシートの中のどちらをお客さんのもとへ渡して良いのか迷うというケースがあるのです。数枚のレシートの説明>それではこの複数の利用レシートについてはいかなるものかということについてまとめると以下の通り。1利用者へ渡さなければいけないレシート。2店舗控え明細レシート。3クレジットカード会社保管用利用明細(署名を書く紙)。普通はお客さん側へ保管してもらう利用明細を渡すのが正しいのですが稀に、違う使用レシートをお客さん側へ誤って渡してしまう場合や、サインした側の使用明細自体を渡してしまったなどというケースもあるのです。これはバイトスタッフに対してやクレカが使われることの少ない店舗などにおいてクレジットを使うとこんなスタッフの迷いが見れると思います。もし従業員が上述のように明細レシートを渡そうとした場合は冷静に「違いますよ」と直して上げて欲しい。