LINK

為替の介入はご存知でしょうか?日銀が為替介入をして新聞記事、雑誌記事、TV、ネット等の報道記事で注目したみなさんもいると思います。

元来為替介入は日本の場合、・大臣(財務大臣)為替相場の沈着を実現するために使う方法と評価されています。

簡潔に言えば、極度の円高や円安が発生すると財務大臣の言いつけをもとに中央銀行(日本銀行)円を売買することで為替レートを安定させるというものです。

為替介入(外国為替平衡操作)はいくつかやり方があるのです。

1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が東京での市場の中で市場に入って為替の介入をする。

2.協調介入・・・いくつもの通貨当局が相談し、各通貨当局の持っているお金を活用して同時あるいは引き続いて外国為替平衡操作(為替介入)を実施する。

3.委託介入・・・他の国の通貨当局に介入の実施を任せる。

4.逆委託介入・・・日銀が他国の銀行などに代わって為替の介入を遂行する。

これらのやり方があります。

いずれの方法の為替介入(外国為替平衡操作)も一時的、もしくは継続的に為替のレートにとても影響を与えると思います。

介入の額は面子をかけているだけにスケールが大きいです。

円を例に説明すると、いつもは数銭ずつ変化している円相場が唐突に数円ずつの動きをします。

個人投資家の方なら今までに経験していると思いますが今までは期待通りに含み資産(または含み損)が増えていたポジションを持続していたところ、保持している保有高が決済となりましたという報告が外為の会社からEメールが。

どれほど黒字になったのか(損益が出たのかな)?と考えつつ決済の報告を見ると、自身が見込んでいたものとは逆の内容になっていてびっくりしてしまうという話があったのです。

為替介入(外国為替市場介入)が実施された場合によくあることです。

以上のように介入が施行されると市場の動きと真逆の動向をするものなのです。

動く金額の幅は非常にでかく変わるため注意しましょう。