LINK

車を持っている人でしたら知っていると思いますが自動車税なるものを支払う義務があります。

そして自動車税は、査定に出す愛車買取時に普通に戻ってくる税金なのです。

こういったことは実際、自分でやるとすぐ頭に入ってきますが、一つずつ順番に簡易的に紹介しましょう。

念のため補足するとすれば国産で作られているクルマだけに限らずイタリア車も税が返還されることに決まってます。

当然ですが自動車についてもそうですね。

クルマのオーナーが支払う税金なのですが、この金額はクルマの排気量によって決められています。

1リッターより小さいなら29500円で1リッターから1.5リッター以下までなら34500円になります。

その後は500ccごとに5000円ずつ増加します。

これは4月1日の時点の保有者が、以後一年分の金額を納める決まりです。

つまり先払いになるということですから、当然クルマを引き取ってもらって、所有権を手放した時では先払いした分のお金は戻ってくるんですね。

この税は先払いで以後一年分の税金を納めますから一年以内に自動車を引き取ってもらったときは、新たな所有者が自動車税を納めなければいけないのです。

買取先が専門店の場合は買い取り時にあなたが払いすぎた税金を返してくれます。

要は所有権を手放した際からの自動車税は権利が移った所有者が支払い義務を負います。

もしも10月のうちに愛車を売った際は11月から翌年3月までの税額は返金されます。

それは、繰り返しになりますが自動車税の場合は一年分を前払いしているという事実によるものです。

ということは、あなたは売却先に税金を返してもらうということになります。

個人間で愛車を売却する場合には、何気にこのような重要な知識に気づかない方がいますため、確認するようにしましょう。

自動車税が車の売却で還ってくることを意外と知られていないからと言ってその事実を隠す業者もいるのです。

こちら側から返金に関しての話題を出さなければ、一切そのことについて言わないということも頻繁に見受けられます。

ですから愛車の買い取りをお願いする時には、払いすぎた税金が返ってくることをチェックすることを忘れないようにしてください。